日本の原風景の再発見〜Amanemu〜

桜も散り、新緑が目立ち始めた今日この頃です。

先日、伊勢志摩国立公園に3月グランドオープンしたアマンリゾート「amanemu」に行ってまいりました。

2012年にブータンのamankoraに行ったとき、自然の原形の美しさ、アマンの世界観に触れることができた最高の旅のひとつになったと思っています。そのとき一番感じたのが、日本にも、私の住む和歌山県にも美しい自然はいっぱいあるし、日本仏教最大の聖地とも言える高野山があるし、熊野古道があるし、伊勢にも車で3時間とアクセスが容易だし、海外からの渡航者に日本の魅力を知ってもらう意味でもシンボルはいっぱいあるので近くにアマンがあったらいいのにな、と感じていました。そう思っていた矢先、思考は現実になる?(笑)ではないですが、今年3月に伊勢にアマンリゾートができたのです。これは、行かないわけにはいきません。

アマネムに到着すると、伝説のCA、アマン創業者エイドリアン・ゼッカ氏からハンティングされたと言われる清水GMがお待ちくださっていました。GMがわざわざウェルカムしてくれるなんて、うれしいですね。(たぶん、一客一客にそうなさっているんだと思います)

まず、下の写真はレセプション(パビリオン)。

Picture奥に見える建物の屋根が、伊勢神宮の屋根の形に見えます。

 


お部屋の雰囲気も、ちょっとご紹介。どの部屋からも窓から外の自然の景観が楽しめます。

 2012年に行ったブータンのアマンコラのどこか雰囲気に似ていて懐かしい気がする、とスタッフに言ってみると、amanemuの立ち上げには、そのアマンコラのスタッフが関わっているそうです。(GMの清水さんはブータンのamankoraでもいらっしゃったそうです)
壮大なスケールのプールからは、英虞湾(あごわん)を一望できます。

アマンの世界観に身を浸すと、常識とは何か、日常とは何か、固定観念がことごとく崩されていくような感じがします。

実際、一客になることで、

「あ、これって実は、自分(客)が欲しいと思ったいたことだったんだ。今まで、これがやってほしいということだったということすら考えたことがなかった。」

と感じることが出てきます。


ランチは、まずは、和食にしました。


ライブラリ。

ライブラリ。ひとり静かに、アマネムセレクトの本が閲覧できます。

伊勢にまつわる書籍、日本にまつわる書籍ばかりです。


スパ。他の客がいないころを見計らって行ったので、この広いスケールを独り占めすることができました。

夜景。

スタッフの方曰く、星空を眺めながら、ひとり自分と向き合えるような時間を過ごせるようにと、照明はかなり控えめの設定だそうです。


明朝、構内をジョギング。植物の息吹を感じながら、小鳥のさえずりがBGM。

自然の中にあるものそのものが、神様からのおもてなしなんだということに気付かされます。

 

朝食

コンチネンタルブレックファスト。フルーツと野菜で。

写真を撮り忘れたのですが、食前は、谷井農園のジュースで、内臓が一気に目覚めました。


オブジェ。物もいいですが、余白たっぷり、シンプルな配置。一際センスを感じさせられます。

Picture

↑アマネムの構内への入り口。

Picture

チェックアウト後、バッグにつけてくれているアマンタグ。これを集め出すのが楽しみになってしまうと、もうアマンジャンキーかもしれませんね。

今回行ったアマネムは、昨年10月に宿泊したアマンのシティ初進出と言われるAman東京とは別感覚でもありました。自然の中というロケーションもあると思いますが、アマン東京よりamanemuの方がアットホームというか、私たちがアマンといえばイメージする雰囲気に近いと思います。一貫して、私たち客が心で感じることを大切にしてくれている安心感、というのがあったように思います。

今回、学びになった点
  • 「本来備わっているもの×外側の視点→再発見=新しい概念の再定義」というイノベーションの基本公式の再確認

    amanemuのコンセプトは、「日本の原風景の再発見」だそうです。灯台下暗しで、案外、そこにいる人の方が自分たちのいる環境への魅力、有り難さに気づきにくいもの。私たち日本人が、日本の良さを一番理解できていないのかもしれない。そう感じさせられるamanemuでした。外側だからこそ見える新鮮な視点でその魅力を捉え、価値を引き出し、新しいカタチでアウトプットする、とこういう表現になるんだと感心させられました。

  • 自然の中にあるものそのものが神様からのおもてなしであるということ(これを大切に使わせてもらわない手はない!)
  • 全体の流れを重視し、一つ一つが主張し過ぎないのが超一流のサービス(サービス、料理、空間、ひとつひとつの演出にそう感じさせられました)
  • あえて空白にすることで魅せるおもてなし(効率を重視するなら、そこに何かを入れるということもあるのだろうけど、あえてしない。その余白から得られるのは気持ちの余裕)
  • 本当に欲しいものは、客すらも気づいていない(逆におもてなし側にとっては、しらずしらずのうちに窮屈が当たり前になってしまっているのは怖いこと)

私たちの仕事においても、顧客にとって盲点となりがちな本来備えている価値を外部の視点から捉えたときに、どのように世に表現していくべきかということは、常に自分自身に問いかけているテーマですので、インスピレーションをたくさんいただけました。独自性の発揮や、高付加価値化のヒントがたくさんあるように思います。

桜も散り、新緑が目立ち始めた今日この頃です。

先日、伊勢志摩国立公園に3月グランドオープンしたアマンリゾート「amanemu」に行ってまいりました。

2012年にブータンのamankoraに行ったとき、自然の原形の美しさ、アマンの世界観に触れることができた最高の旅のひとつになったと思っています。そのとき一番感じたのが、日本にも、私の住む和歌山県にも美しい自然はいっぱいあるし、日本仏教最大の聖地とも言える高野山があるし、熊野古道があるし、伊勢にも車で3時間とアクセスが容易だし、海外からの渡航者に日本の魅力を知ってもらう意味でもシンボルはいっぱいあるので近くにアマンがあったらいいのにな、と感じていました。そう思っていた矢先、思考は現実になる?(笑)ではないですが、今年3月に伊勢にアマンリゾートができたのです。これは、行かないわけにはいきません。

アマネムに到着すると、伝説のCA、アマン創業者エイドリアン・ゼッカ氏からハンティングされたと言われる清水GMがお待ちくださっていました。GMがわざわざウェルカムしてくれるなんて、うれしいですね。(たぶん、一客一客にそうなさっているんだと思います)

まず、下の写真はレセプション(パビリオン)。

Picture奥に見える建物の屋根が、伊勢神宮の屋根の形に見えます。

 


お部屋の雰囲気も、ちょっとご紹介。どの部屋からも窓から外の自然の景観が楽しめます。

 2012年に行ったブータンのアマンコラのどこか雰囲気に似ていて懐かしい気がする、とスタッフに言ってみると、amanemuの立ち上げには、そのアマンコラのスタッフが関わっているそうです。(GMの清水さんはブータンのamankoraでもいらっしゃったそうです)
壮大なスケールのプールからは、英虞湾(あごわん)を一望できます。

アマンの世界観に身を浸すと、常識とは何か、日常とは何か、固定観念がことごとく崩されていくような感じがします。

実際、一客になることで、

「あ、これって実は、自分(客)が欲しいと思ったいたことだったんだ。今まで、これがやってほしいということだったということすら考えたことがなかった。」

と感じることが出てきます。


ランチは、まずは、和食にしました。


ライブラリ。

ライブラリ。ひとり静かに、アマネムセレクトの本が閲覧できます。

伊勢にまつわる書籍、日本にまつわる書籍ばかりです。


スパ。他の客がいないころを見計らって行ったので、この広いスケールを独り占めすることができました。

夜景。

スタッフの方曰く、星空を眺めながら、ひとり自分と向き合えるような時間を過ごせるようにと、照明はかなり控えめの設定だそうです。


明朝、構内をジョギング。植物の息吹を感じながら、小鳥のさえずりがBGM。

自然の中にあるものそのものが、神様からのおもてなしなんだということに気付かされます。

 

朝食

コンチネンタルブレックファスト。フルーツと野菜で。

写真を撮り忘れたのですが、食前は、谷井農園のジュースで、内臓が一気に目覚めました。


オブジェ。物もいいですが、余白たっぷり、シンプルな配置。一際センスを感じさせられます。

Pictureアマネムの構内への入り口。

チェックアウト後、バッグにつけてくれているアマンタグ。これを集め出すのが楽しみになってしまうと、もうアマンジャンキーかもしれませんね。Picture

今回行ったアマネムは、昨年10月に宿泊したアマンのシティ初進出と言われるAman東京とは別感覚でもありました。自然の中というロケーションもあると思いますが、アマン東京よりamanemuの方がアットホームというか、私たちがアマンといえばイメージする雰囲気に近いと思います。一貫して、私たち客が心で感じることを大切にしてくれている安心感、というのがあったように思います。

今回、学びになった点
  • 「本来備わっているもの×外側の視点→再発見=新しい概念の再定義」というイノベーションの基本公式の再確認

    amanemuのコンセプトは、「日本の原風景の再発見」だそうです。灯台下暗しで、案外、そこにいる人の方が自分たちのいる環境への魅力、有り難さに気づきにくいもの。私たち日本人が、日本の良さを一番理解できていないのかもしれない。そう感じさせられるamanemuでした。外側だからこそ見える新鮮な視点でその魅力を捉え、価値を引き出し、新しいカタチでアウトプットする、とこういう表現になるんだと感心させられました。

  • 自然の中にあるものそのものが神様からのおもてなしであるということ(これを大切に使わせてもらわない手はない!)
  • 全体の流れを重視し、一つ一つが主張し過ぎないのが超一流のサービス(サービス、料理、空間、ひとつひとつの演出にそう感じさせられました)
  • あえて空白にすることで魅せるおもてなし(効率を重視するなら、そこに何かを入れるということもあるのだろうけど、あえてしない。その余白から得られるのは気持ちの余裕)
  • 本当に欲しいものは、客すらも気づいていない(逆におもてなし側にとっては、しらずしらずのうちに窮屈が当たり前になってしまっているのは怖いこと)

私たちの仕事においても、顧客にとって盲点となりがちな本来備えている価値を外部の視点から捉えたときに、どのように世に表現していくべきかということは、常に自分自身に問いかけているテーマですので、インスピレーションをたくさんいただけました。独自性の発揮や、高付加価値化のヒントがたくさんあるように思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。