幸福度世界一デンマーク王国の旅〜幸せな働き方〜

幸福度を高める働き方の研究調査のために、私が10年来執筆しているメルマガで知り合った企業経営者の方と、国連調査の世界幸福度2016年ランキング第1位(日本は53位)のデンマーク王国を訪問いたしました。

幸福度といえば、国民総幸福GNHのブータンがその独自の概念を世界に提唱したことで知られるようになりましたが、実際に国連やOECDが幸福度の調査分析も参考にされたとも言われています。

参考までに、ブータンののGNHと国連の幸福度調査の指標をご紹介しておきます。

◉ブータンの国民総幸福GNH

・心理的な幸福
・国民の健康
・教育
・文化の多様性
・地域の活力
・環境の多様性と活力
・時間の使い方とバランス
・生活水準、所得
・良き統治

を元に国民がどう感じているか、人それぞれの主観的な幸福感というものを指標化し、度数として表したもの。

◉世界幸福度調査(国連)

・一人当たりの国内総生産(GDP)
・健康寿命
・社会的支援(困ったときに頼れる人の存在)
・信用性(政治やビジネスにおける汚職のなさ)
・人生における選択の自由
・寛容性

の6要素を元に、新たな観点として不平等に暮らす国民がいないか、幸福度のばらつきが少ないかなどを相対的な指標として調査したものといった感じでしょう。

以前、私がブータンを訪れたときに、「世界で一番、自然の原風景がそのまま残っている国」と言われるだけあって、原色の幸せに触れ、絶対観としての幸福の価値観に触れることができたような気がします。

必要最小限、小欲知足生活の中で絶対幸福を見出すことは、理念設計をしていく上でも大切なこと。

今回のデンマークでは、幸福度先進国は、どんな幸福観を持っているのか、そして、それが働き方や生き方にどんな影響を及ぼしているのかなどを考察したいと思います。

物質的・経済的には豊かとはいえないながら、国民ひとりひとりの人生の充足を最優先し幸福の絶対性を追求するブータンと、幸福度先進国として最先端の社会モデルを実現しているデンマークのアプローチの中間点に、これからの私たちのあり方のヒントがあるような気がします。

デンマークといえば北欧の国、なんとなく高福祉(医療や教育費が無料)、高納税(税負担率約70%)の国というイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか?私自身、デンマークのことはそのくらいしか知らないし、世界幸福度ランキング第1位の国はスイスだと思っていました。(スイスが1位のときもありましたが、ちょくちょく入れ替わっているようです)

とりわけ、政府の方針の柱に「働き方改革」にもあるように、今まさに、日本人の働き方が問われています。そんな中で、私は一民間人、一事業経営者として、自国内で重箱の隅をつつくように働き方を改善するよりも、幸福度先進国の働き方のフレーム参考にして改革をした方がいいのではないか、そのためのベンチマークとして視察を敢行しました。デンマークは、法定労働時間37時間で残業なしでありながら、一人当たりのGDPは世界で11位(日本は33位・先進国で最下位)と世界的にも高水準を実現しています。また、平均労働時間は、デンマークが1526時間/年(短い方から5番目)、日本が1746時間(長い方から15番目)ですので、時間あたりの労働生産性も高水準なのです。ここに、日本独自の風習?であるサービス残業の時間は含まれていないので、この数字はさらに実態とは異なっていることが推察できます。つまり、デンマーク人は同じ仕事をしたとしても日本人より短時間で大きな付加価値を生み出し、稼ぐことができるということです。※労働生産性=GDP(国が生み出す付加価値/)従業員数(働いている人の数)

デンマークで学びたいのは、社会政策を始め、産業構造、企業の体制、働き方・ライフスタイルなど幸福度先進国ならではの幸福観と社会モデルのつなげ方。私たち一個人、民間の一事業者にとっても、新しいビジョンを構築する上で、先進国から学ぶことが多いにあるのではないでしょうか。

 

きっと、その背景には、国家の体制や産業、教育、文化、歴史、そして個人の価値観などさまざまな要因が存在すると思います。ですから、一足飛びで現在のような高水準を実現できたのではないでしょうし、ここに至る背景はなんだったのか、なぜ実現したのか、その根底にどんな過程があったのか、そして実現した結果どうなったのか?は、気になるところです。ということで、10月3日から7日までコペンハーゲン集中5日間の滞在記録を残しておこうと思います。滞在期間は5日間だけなのと、デンマークの研究はこの機会に始めたばかりなので、表面的なことしか見えていないことも多々あるかと思いますが、現地で働く人に触れながらのファーストインプレッションや、そのときに得られた気づきをレポートとして残しておきます。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。