読んだ本・5月

5月に読んだ本をいくつかピックアップします。(再読含む)

 

 

5月1日に新天皇が即位され、「平成」は幕を閉じ、「令和」の時代が始まりました。

それにちなんで、日本の伝統的なものを再確認することが多かったように思います。

 

以前、皇居の勤労奉仕にて、

平成天皇、皇后、今上天皇のお姿を目の前にした記憶に新しい。

 

日本に生まれ、育った私としては、

右とか左とかそういう議論はすること自体がナンセンス、

 

ちょっと大上段に構えた主張に聞こえるかもしれませんが、

真の日本の歴史と文化を学ぶことは、自己の自覚を深めることでもあり、

また、他者を理解することでもある原点だし、それがあってこそ世界平和につながっていくのだと思っています。

そこで初めてどんな仕事をしよう、経営をしよう、ひいては生き方をしようという目標が出てくると思っています。

 

「日本人の勝算」では、日本がこれから経済的に三流国に陥らず、さらなる発展をしていくために

日本の生産性をどう向上させていくかということをデービッド・アトキンソン氏を始め海外の専門家の視点で分析されています。

 

これはあまり論じられることがないですが、

生産性とは、創造した付加価値/投入量という式で表されるため、

無駄を取り除き(投入量を必要最小限にし)、

美を追究してきた(価値を生み出してきた)

日本人の美意識、身体観の中に、生産性を向上させる本質的な智慧が多くあるように思います。

 

そのことに立ち返る前に、

次から次に出てくる新しい方法論や外側のものを追いかけるのは、

料理で言えば、素材そのものよりも加工法や調味料にこだわることであり、

決して、本当に美味しいものなることはないと思っています。

素材の味を活かすは、作り手の腕次第。

作り手が素材を知っていないと、突き抜けた本物の味にはならない。

 

何事も内部のことにどっぷり浸かって

目先の物事に追われてしまうスパイラルに入ってしまうと

自己に与えられている「本質的な価値」が見えなくなったりします。

 

そのことは、案外外部の人の方がわかっていて、

その人のちょっとした指摘で、

「あ、これは盲点だったな」

「ああ、そんな魅力もあるのか?」

とか、新しい発見ができたりすることがあるかと思います。

 

今与えられた環境の魅力が分からず

「宝の持ち腐れ」ということがないように、

常に、「もう一つの視点」というのは持って置きたいし、

また、本業の経営コンサルティングの場面においても

「お客様の持てる本質的な価値を引き出し、よりよい方向づけに貢献する」

役割を担う私たちが最も大切なことだと思っています。

 

その意味では、まずは自国の歴史と文化に立ち返り学ぶことは、

私にとっては本業そのものだと思っています。

 

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。