第64回早朝坐禅会

恒例の早朝坐禅の御案内です。

禅は、武、茶、能・俳句・美術などから日本の伝統文化に始まり、生活文化に深く浸透し、私たち日本人に多大な影響を与え続けています。

日本ではもちろんのこと、海外ではZENとして知られ、Apple創業者スティーブ・ジョブズも影響を与え、最近ではマインドフルネスブームにおけるそのルーツとして禅の価値が国際的コンテンツとして再認識されるようになっているようにも思えます。

本会は道元禅師開山の曹洞宗の大本山・永平寺ににて永平七十八世・宮崎奕保禅師(当時の管主)のもと7年修行の後、現在・珊瑚寺(和歌山市)の住職を務められる桑山良規和尚が、坐禅の作法などを丁寧に指南してくださる貴重な機会となっています。古来より伝わる粋な坐禅体験できる場でありながら禅の世界観に少しでも興味のがある方なら、老若男女問わずどなたでもお気軽に参加できるものですので、この機会を活かしていただけたらと思います。

日時  2019年(令和元年)7月6日(土)→7月20日(土)に日程変更 時間は午前5時00分開始(20分×二炷)

なお、初めての方は坐禅の作法など簡単な説明をいたしますので、余裕を持って15分前にお越しください。

場所  珊瑚寺

参加費  無料

服装 坐禅をするのに適した格好(脚を組みにくい硬い生地のズボンやスカートは適しておりません。また、ナイロン素材のジャージも足を組む際に滑りやすく坐禅がしにくいことがございます。色などは控えめで、くつろぎやすいものを用意してください。)

参加ご希望の方は、以下フォームにて必要事項を記載の上、お申し込みください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。