令和初の伊勢神宮

伊勢神宮は例年参詣しておりますが、先日、令和初のお伊勢参りを敢行いたしました。

近年は、夫婦岩、外宮、内宮、猿田彦神社、月読宮、それから遥宮、伊勢神宮内別宮といわれる瀧原宮などを参拝しますが、本年は外宮、内宮のみ。

 

 

本年は5月に新天皇が即位されその元号を令和と新たにし、

10月に即位の礼、11月に大嘗祭と大きなイベントがありましたし、

天皇皇后両陛下も親謁(しんえつ)の儀のため11月に伊勢神宮を始め歴代の天皇陵を参拝されていましたが、

私もその時期を少し後に伊勢に参りたいと思っていたので、これまでにない格別な時間となりました。

 

私の住む和歌山市に本年南スマートICが開通し、五條IC(奈良県五條市)まで一気通貫、

自動車で約1時間半弱、伊勢神宮へも3時間半弱で行けるようになりました。

 

これれまで伊勢神宮へは阪和道、名阪国道で大回りに行っていましたが、

それと同じくらいの所用時間ですね。

 

この時期なので奈良県の吉野の山々の紅葉も見たいので、阪和道、名阪国道のルートより

途中、奈良県の地道を挟んでいける五條経由のこの道の方が好きです。

これまで地道で行くと1時間は多めに時間が必要だった気がするので、とても楽になりましたね。

伊勢に参るときは前泊するか、和歌山からならピストンで行けます。(今回はピストン)

3時間以上の車で移動となりますので、途中休憩が必要になります。

今の時期だと外の温度は0度。道は凍結していませんでしたが。

車の中はエアコンで暖かくなっていますが、長くその中にいるとどうしても眠気が生じてきます。

惰気を払拭するためにちょっと外に出てみると、物陰から。。。(写真中央にキラリ光る眼がわかりますでしょうか)

和歌山では珍しい生き物なので思わずパシャリ。

(iphoneは夜間モードでも結構よく撮れるのでフラッシュを焚くつもりはなかったのですが、自動を切にできていなかったようで、驚かせてごめんね)

余談ですが、そういえば珍しい生き物でこの間、車を運転していると和歌山で猿を見かけましたね。

 

さて、伊勢神宮。

いつも人気の少ない静かな明朝の時間帯をねらってササッと参ります。

もうすぐ冬至の日なので、宇治橋の大鳥居前で日の出を待つ方もいらっしゃいましたね。

五十鈴川
御手洗場
正宮前
ご先祖様、両親をはじめ、家族、ご縁のある方、また、あるいは生きとしけるもの一切、にただただありがとうの気持ちを込めて一年のお礼を。

令和初の参詣は、これまでになく純粋な気持ちでお詣りすることができ、気持ちも新たにできたような気がします。

外宮はまだ薄暗かったので写真撮影も控えましたが、以下は内宮。

 

朝2時に起き、出発しようとたら6歳の息子も起こしてしまい、

「パパと一緒にいたいから出て行かないでよ」

と泣きつかれてしまいましたが、こんなふうに懐いてもらえるのもいつまでかな?と思いながら、

また、朝お腹が空いてはと妻がリンゴを切ったものの横に気をつけて行ってらっしゃいと置き手紙してくれていましたが、

日常の中にある幸せを大切に守らないといけないなと、

そのあたりも気持ち新たにした次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。